復活?徒然なるままに為替を

やっとこさ生きてます。

昨日の足型は包み込んでの大陽線。本日は下落する9日線に到達しています。9日円が下げ止まるまで維持できるか注目されます。下は109円割れで戻り完了かなと・・

  1. 2017/08/23(水) 11:30:14|
  2. FX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドル・円日足 【8月22日】 曲がり屋に向かえかな?

USDJPY D1 (08-22-2017 1803)
他店舗からのヘルプと研修を終えた新しいバイトの子達が2人入ってくれたので今週は、定時に更新できそうです。

チャートは日足です。

前回、日足を掲載し、下記のように記載しました。

『  8月11日の直近安値 108.713円を一時下回り108.603円まで。
足形は下影の長い陰線。赤の破線は実体として維持しています。

目先
〇 上は、実体として109.60円処を上抜くと、下落する21日線まで試す可能性
● 下は、赤の破線を下抜けると年初来安値を意識した仕掛けとなり、米大統領選時の安値101.190円 ➡ 年初来高値118.662円の61.8%押し ・・・107.864円まで覚悟する必要が出てくる可能性
かなと・・・   』

としましたが、

本日は、
東京市場から戻りとなり、ロンドンで戻りを伸ばす展開に発展しそうだったんですが・・・
既に109円ミドルは重くなっているようです。。


【 抵抗と支持 】
●抵抗
① 9日線 ・・・109.537円
② 21日線 ・・・110.194円
③ 55日及び日足一目均衡表の雲の下の抵抗帯 ・・・111.240円 ~ 111.649円
④ 200日線 ・・・112.462円 【 日足一目均衡表の雲の上と均衡 】
⑤ 7月11日の高値 ・・・114.495円
⑥ 1月3日高値 【 118.612円  】  ➡ 4月17日安値 【 108.130円 】 の下落幅の61.8%戻し114.608円
⑦ 1月19日の戻り高値 ・・・115.624円  ➡ ここを上抜けると調整終了の可能性
⑧ 昨年12月15日の高値 ・・・118.662円

●支持 
① 米大統領選時の安値101.190円 ➡ 年初来高値118.662円の半値押し ・・・109.926円 【達成済み】
② 8月4日の安値 ・・・109.841円 【達成済み】
③ 6月7日安値 ・・・109.115円 【達成済み】
④ 8月18日の安値 ・・・108.603円
⑤ 年初来安値  ・・・108.130円
⑥ 米大統領選時の安値101.190円 ➡ 年初来高値118.662円の61.8%押し ・・・107.864円

【 目先の動きと与太話 】
8月18日に、影ながら直近安値108.713円を更新したことで、バイアスが下にかかっているのかなと。

日足レベルの強弱材料ですが
 上は、
 ・ 上昇及び下落が韻を踏んでいいる
 ・ 赤の破線が実体として維持されている
 ・ 108円ミドルより下は影とされている
 下は、 
 ・ 実体としての直近安値を昨日更新している
 ・ 9日線及び21日線が急角度で下落している 
 ・ 戻りは3営業日まで
等を勘案しても、現状では売り方に分があるのかなと・・・


目先ですが、
〇 上は、8月16日で上影陰線として21日線の重さを確認したため、大陽線の110円台乗せが大前提となり一服感
● 下は、今回の下落局面で営業日連続の陰線引けは1回だけで、突っ込み売りは注意が必要かなと考えられるものの、赤の破線及び年初来安値を実体として更新した場合は、買い方の総投げとなり、106円台まで突っ込む可能性

かなと・・・

チャートは個人的に一番使い易い、FXCM社のトレーディングステーョンを使用させて頂いています。
  1. 2017/08/22(火) 18:49:26|
  2. ドル・円
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の実体部分を全て戻す。110円台まで戻すことが出来るのか。先に109円割れになると再度下攻めかなと。

  1. 2017/08/22(火) 13:59:09|
  2. FX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の足型は両影のある陰線引け。4営業日連続となっています。本日は陽性を形成し109.30円近辺まで戻していますが・・・

  1. 2017/08/22(火) 11:15:46|
  2. FX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドル・円日足 【8月21日】 更新しておきます。

USDJPY D1 (08-21-2017 0735)
土日に週足で考察しようと思ったのですが、ちと、疲れて申し訳ありません。

チャートは日足です。

前回、日足を掲載し、下記のように記載しました。

『 21日線の重さを確認した形となり、9日線も下抜けていることで、下攻めとなっているようです。

目先
〇 上は、突っ込んだ形で、9日線を回復できると一服感。
● 下は、赤の破線を下抜けると、108.713円となり、ここも下抜けるとのキーリバーサルとの思惑で試し買いした買い方のストップが入る可能性。その場合は年初来安値まで一挙に行くかも知れません。 』

としましたが、

直近安値108.713円を一時下回り108.603円まで。
本日の極東寄付きは結構荒れるのかなと思ってましたが、大した動きではありませんでした。
大ハズレ・・・


【 抵抗と支持 】
●抵抗
① 9日線 ・・・109.670円
② 21日線 ・・・110.301円
③ 55日及び日足一目均衡表の雲の下の抵抗帯 ・・・111.250円 ~ 111.649円
④ 200日線 ・・・112.450円 【 日足一目均衡表の雲の上と均衡 】
⑤ 7月11日の高値 ・・・114.495円
⑥ 1月3日高値 【 118.612円  】  ➡ 4月17日安値 【 108.130円 】 の下落幅の61.8%戻し114.608円
⑦ 1月19日の戻り高値 ・・・115.624円  ➡ ここを上抜けると調整終了の可能性
⑧ 昨年12月15日の高値 ・・・118.662円

●支持 
① 米大統領選時の安値101.190円 ➡ 年初来高値118.662円の半値押し ・・・109.926円 【達成済み】
② 8月4日の安値 ・・・109.841円 【達成済み】
③ 6月7日安値 ・・・109.115円 【達成済み】
④ 8月18日の安値 ・・・108.603円
⑤ 年初来安値  ・・・108.130円
⑥ 米大統領選時の安値101.190円 ➡ 年初来高値118.662円の61.8%押し ・・・107.864円

【 目先の動きと与太話 】
8月11日の直近安値 108.713円を一時下回り108.603円まで。
足形は下影の長い陰線。赤の破線は実体として維持しています。

目先
〇 上は、実体として109.60円処を上抜くと、下落する21日線まで試す可能性
● 下は、赤の破線を下抜けると年初来安値を意識した仕掛けとなり、米大統領選時の安値101.190円 ➡ 年初来高値118.662円の61.8%押し ・・・107.864円まで覚悟する必要が出てくる可能性
かなと・・・

チャートは個人的に一番使い易い、FXCM社のトレーディングステーョンを使用させて頂いています。
  1. 2017/08/21(月) 08:05:34|
  2. ドル・円
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ